2019.1.29 12:17

世界選手権個人戦に張本智和、伊藤美誠ら選出/卓球

世界選手権個人戦に張本智和、伊藤美誠ら選出/卓球

特集:
張本智和

 日本卓球協会は29日、世界選手権個人戦(4月、ブダペスト)のシングルス代表男女各4人を発表し、男子は15歳の張本智和(エリートアカデミー)、全日本選手権で10度目の優勝を果たした水谷隼(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)と吉村和弘(愛知工大)が選ばれた。

 女子は全日本選手権を2連覇した伊藤美誠(スターツ)、世界ランキング3位の石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)、佐藤瞳(ミキハウス)に決まった。

 日本からシングルスは5人が出場し、残り1枠は3月2日の最終選考会の勝者が選ばれる。

 日本男子の倉嶋洋介監督は「東京五輪に向けたアピールをしてもらいたい」と話し、女子の馬場美香監督は「1人でも多くの選手が、1人でも多くの中国選手に勝てるように」と期待した。