2019.1.28 20:44

退任の北村氏「稀勢の里とともに歩んだ2年間だった」 横審、新委員長に矢野氏が就任

退任の北村氏「稀勢の里とともに歩んだ2年間だった」 横審、新委員長に矢野氏が就任

特集:
稀勢の里
横綱審議委員会の新委員長に選出された矢野弘典委員=東京・両国国技館

横綱審議委員会の新委員長に選出された矢野弘典委員=東京・両国国技館【拡大】

 東京都墨田区の両国国技館で28日、日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会合が開かれ、矢野弘典委員(78)=産業雇用安定センター会長=を新委員長に選出した。

 横審は番付最高位の横綱への「お目付け役」とされる。2012年7月から委員を務める矢野新委員長は「横綱は相撲界の象徴。土俵外でも品格、言動など模範となり、引っ張る自覚を持ってほしい」と述べた。

 北村正任委員長は5期10年の任期満了で退任。委員長を務めた2年間は、元幕内貴ノ岩に対する傷害事件を起こした元横綱日馬富士らへの対応に追われたほか、元横綱稀勢の里(現荒磯親方)へ初の「激励」決議を下すなどした。「稀勢の里とともに歩んだ2年間だった。何で私が委員長の時にこんなに(いろいろあるのか)と思うが、ほっとしている」と語った。