2019.1.27 15:06

小原、福士の転倒に驚き「私もこけた経験がある。がんばれという思いで走った」/マラソン

小原、福士の転倒に驚き「私もこけた経験がある。がんばれという思いで走った」/マラソン

トラック内でファツマ・サドを追う小原怜=27日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(撮影・彦野公太朗)

トラック内でファツマ・サドを追う小原怜=27日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(撮影・彦野公太朗)【拡大】

 大阪国際女子マラソン(27日、ヤンマースタジアム長居発着)2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月)への出場権が懸かる大会。16年名古屋ウィメンズマラソンで1秒差でリオ五輪代表の座を逃し、既にMGC出場権を得ている小原怜(28)=天満屋=が2時間25分46秒で日本勢最高の2位に入った。

 小原はレース中、福士加代子(36)=ワコール=が12キロ過ぎに転倒したことには気付いていたという。「ビックリしたけど、すぐに追いついてきた。私もこけた経験がある。福士さん、がんばれという思いで走った」と35キロ過ぎで棄権したライバルを気遣った。

  • 水晶橋南詰から大江橋南詰の20キロ地点手前付近の市役所北側給水ポイントを過ぎ、御堂筋へ向かう先頭集団に食らいつく福士加代子。サングラス左側に血がにじんでいるように見えた=27日午後、大阪市北区(撮影・奥清博)