2019.1.26 20:16

「大坂時代」の到来 世界1016位から7年で1位に/全豪テニス

「大坂時代」の到来 世界1016位から7年で1位に/全豪テニス

特集:
大坂なおみ
女子シングルス決勝 ペトラ・クビトバからポイントを奪い、雄たけびを上げる大坂なおみ=メルボルン(共同)

女子シングルス決勝 ペトラ・クビトバからポイントを奪い、雄たけびを上げる大坂なおみ=メルボルン(共同)【拡大】

 テニス・全豪オープン(26日、メルボルン)女子シングルス決勝で、第4シードの大坂なおみ(21)=日清食品=が、第8シードのペトラ・クビトバ(28)=チェコ=を7-6、5-7、6-4で撃破。初優勝を飾り、優勝賞金410万豪ドル(約3億2000万円)を獲得した。世界ランキング4位の大坂は昨年の全米オープンに続く四大大会2連勝で、大会後に日本勢初の世界1位となることが決まった。

 「大坂時代」の到来を告げた。昨夏の全米に続く四大大会2連勝は、2014年全米から15年ウィンブルドン選手権まで4連勝したセリーナ・ウィリアムズ(米国)以来の快挙。日本のエースが世界ナンバーワンの座をつかんだ。

 17、18年シーズンは四大大会の優勝者がいずれも異なる“戦国時代”。日本勢初の四大大会制覇を成し遂げた大坂は全米後、ツアー大会では左太もも裏を痛めた影響で1次リーグ敗退を喫したWTAファイナルを除き、全て4強以上と安定感が光る。今大会前には世界1位の可能性があった選手は11人もおり、群雄割拠の状態だった。

 オフには過酷な長丁場のツアーを戦い抜く体の強さを手に入れるため、練習拠点の米国で厳しいトレーニングを課して約3キロ減量。セリーナのヒッティングパートナーを長年務めた経験を持つサーシャ・バイン・コーチは、四大大会通算23勝の女王と重ね合わせる。12年に世界ランクで1016位だった少女は、7年かけて世界1位にたどり着いた。

試合結果へ