2019.1.26 20:27

佐藤琢磨も参加!スポーツアナリティクスジャパン2019開催

佐藤琢磨も参加!スポーツアナリティクスジャパン2019開催

 日本スポーツアナリスト協会が主催するカンファレンス「スポーツアナリティクスジャパン2019」が26日、東京・江東区の東京コンファレンスセンター・有明で開催された。各競技のデータ分析などを担当するアナリストが集い、連携の強化をなどを図るイベントで、2014年にスタート。年々規模が拡大し、5回目を迎えた今回は900人以上が来場した。

 野球やサッカー、ラグビーなどスポーツのデータ分析を多角的にとらえるもので、各セッションにはデータの第一人者が登壇する。「超一流のアスリートが求める『目的』視点のデータ分析」と題された講演には、元F1レーサーで現在はインディカー・シリーズに参戦する佐藤琢磨が参加。レース中にどんなデータを駆使しながら戦っているかが示され、会場は熱気に包まれた。

 日本スポーツアナリスト協会の代表理事は、ロンドン五輪バレーボール女子でアナリストとして銅メダル獲得に貢献し、『なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか』(東邦出版)などの著書がある渡辺啓太氏が務める。同代表理事は「データを現場やマーケティングで活用する人材が増えてほしい」と話した。