2019.1.25 05:05(1/2ページ)

大坂「お願い」チャレンジ決着!世界1位&四大大会連勝に王手/全豪テニス

大坂「お願い」チャレンジ決着!世界1位&四大大会連勝に王手/全豪テニス

特集:
大坂なおみ
自身のサーブに対するビデオ判定で、大坂は祈るような表情でモニターを見つめた (AP)

自身のサーブに対するビデオ判定で、大坂は祈るような表情でモニターを見つめた (AP)【拡大】

 テニス・全豪オープン第11日(24日、メルボルン)女子シングルス準決勝で第4シードの大坂なおみ(21)=日清食品=は第7シードのカロリナ・プリスコバ(26)=チェコ=に6-2、4-6、6-4で勝ち、日本勢初の決勝進出を果たした。世界ランキング4位の大坂は大会終了後に日本勢過去最高位の2位以内に上がることが決定。女子ツアーでは14大会ぶりの四大大会2連勝を目指し、26日の決勝(午後5時半開始予定)で第8シードのペトラ・クビトバ(28)=チェコ=と対戦。勝てば世界1位に浮上する。

 インかアウトか。センターへ狙い澄ましたサーブを放った大坂は、両手を合わせて心の中で祈った。「お願い」。ビデオ判定を要求し、視線をビジョンに向けた。結果は-。ボールがわずかにラインに触れる表示がサービスエースを伝えた。日本勢初の決勝進出に両手を挙げて相好を崩した。

 「難しい試合だった。最後はボールが入るように会場中の力を集めていた」

 プリスコバには、昨年9月の全米オープン制覇からの凱旋(がいせん)試合だった東レ・パンパシフィック・オープンでストレート負け。雪辱を期した一戦は最終セットへ。0-1で迎えたサービスゲームでブレークポイントを3度も許したが、粘りに粘った。低い重心から放つバックハンドも決まり、必死のキープ。第3ゲームは1ポイントも与えずにブレークだ。相手の5倍となる15本のサービスエースも勝因となった。

 気温は40度に達し、日差しを避けるためにセンターコートの屋根は閉められた。試合後のコートインタビューでは「暑さが好きなので、ちょっと悲しかった。屋根が開いている時間は『私が輝くときだ』と思っていたから」と大坂。観客を笑いの渦に巻き込んだ。1時間53分のフルセットにも疲労の色は見えない。2016年10月の天津オープンを皮切りに第1セットを奪った試合は59連勝。大会終了後には世界ランクが日本勢過去最高位の2位以内に上がることが決まった。

【続きを読む】

  • 日本勢初の決勝進出を果たした大坂(ロイター)
  • 日差しを避けるために屋根が閉められた会場のメルボルン・パーク。大観衆が大坂のプレーを見届けた(ロイター)
  • 女子シングルス準決勝でカロリナ・プリスコバ(左)を破り、握手する大坂なおみ=メルボルン(共同)
  • 女子シングルス準決勝で、マッチポイントで放ったサーブがフォールトと判定され、祈るようにビデオ判定のモニターを見つめる大坂なおみ=メルボルン(共同)
  • 女子シングルスで決勝進出を決め、記者会見する大坂なおみ=メルボルン(共同)
  • 全豪オープンテニスのシングルスで、男女を通じて日本勢初の決勝進出を決めた大坂なおみ=メルボルン(共同)
  • 女子シングルス準決勝で、トスを上げる大坂なおみ=メルボルン(共同)
  • 女子シングルス準決勝で、ポイントを奪われ悔しさをあらわにする大坂なおみ=メルボルン(共同)
  • 全豪オープンテニスの女子シングルスで、男女を通じて日本勢初の決勝進出を決めた大坂なおみ=24日、メルボルン(共同)
  • 女子シングルスで決勝進出を決め、歓声に応える大坂なおみ=メルボルン(共同)
  • 女子シングルスで決勝進出を決めた大坂なおみ=メルボルン(共同)
  • 女子シングルス準決勝で、汗を拭く大坂なおみ=メルボルン(共同)