2019.1.24 10:00(1/2ページ)

【いだてん娘 浪速路を走る(4)】田中智美、リオの悔しさで放心も「やっぱり走りたい」

【いだてん娘 浪速路を走る(4)】

田中智美、リオの悔しさで放心も「やっぱり走りたい」

初の浪速路に挑む田中。周囲の励ましが走る原動力だ

初の浪速路に挑む田中。周囲の励ましが走る原動力だ【拡大】

 メダル獲得を宣言していた2016年リオデジャネイロ五輪は19位と不完全燃焼に終わった。田中智美(30)=第一生命=は「練習の通りに走れなかったのが悔しかった」と振り返る。五輪後は3カ月以上、放心状態が続いた。

 会いたい人に会いに出かけた。一人旅もした。体重を気にせずに食べたいものを腹いっぱい食べた。ただ、テレビで駅伝が流れているのを見て、気が付けばジョギングをしている自分がいた。「なんだ、やっぱり走りたいだって思って、東京五輪に向けて頑張ろうと気持ちが変わった」

【続きを読む】