2019.1.21 21:20(1/6ページ)

【試合結果】錦織、カレノブスタに0-2から逆転で3年ぶりベスト8!5時間の激闘制す/全豪テニス

【試合結果】

錦織、カレノブスタに0-2から逆転で3年ぶりベスト8!5時間の激闘制す/全豪テニス

特集:
錦織圭
男子シングルス4回戦でプレーする錦織圭=メルボルン(共同)

男子シングルス4回戦でプレーする錦織圭=メルボルン(共同)【拡大】

 テニス・全豪オープン(21日、メルボルン)男子シングルス4回戦で、第8シードの錦織圭(29)=日清食品=が第23シードのパブロ・カレノブスタ(27)=スペイン=に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で逆転勝ちし、3年ぶりの準々決勝進出を果たした。

 絶体絶命のピンチから日本のエースが生き返った。錦織が2セットダウンから3セットを奪取。初対決となったカレノブスタとの5時間の激闘を制し、ベスト8に駒を進めた。

 第1セットは互いに2度のブレークを奪い、タイブレークに突入。ミニブレークの応酬が続く中、カレノブスタが4度目のセットポイントをものにし、このセットを先取した。

 第2セットはカレノブスタが第3ゲームで先にブレークを奪い、試合の主導権を握った。錦織はいらだちからか、ラケットをコートにたたきつける場面も見られた。1、2回戦がフルセットにもつれ込んだ影響もあり膝に手をつき、疲れは限界に達していた。

 2-2で迎えた第3セット、第5ゲームで4連続失点で先にブレークを奪われた。続く第6ゲームをブレークバックする意地を見せ、タイブレークを制した。

 第4セットは第1ゲームでいきなりブレーク。第4ゲームでブレークを許し2-2となったが、続く第5ゲームですぐさまブレークバックに成功し、再びリードを奪った。

 最終セットの第3ゲーム、錦織は会心のリターンエースを決めてブレーク。続く第4ゲームをキープして3-1としたが、第10ゲームをブレークされて、10ポイント制のタイブレークに突入した。

 前哨戦のブリスベン国際で3年ぶりのツアー優勝を飾り、四大大会初制覇の期待を抱かせた。悲願まであと3勝だ。

【続きを読む】