2019.1.21 10:00(1/3ページ)

【サンスポ×日体大】柔道男子の最強筋肉作るバズーカ岡田式究極の「金」トレ!

【サンスポ×日体大】

柔道男子の最強筋肉作るバズーカ岡田式究極の「金」トレ!

特集:
サンスポ×日体大
男子73キロ級の大野将平(中央)を指導する岡田氏(左)。男子日本代表を肉体面から支えている(岡田氏提供)

男子73キロ級の大野将平(中央)を指導する岡田氏(左)。男子日本代表を肉体面から支えている(岡田氏提供)【拡大】

 2020年東京五輪開幕まで21日で、550日。出身大学別最多の夏季五輪メダリスト62人を輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第13回は、柔道男子日本代表に迫る。同代表の体力強化部門長で、テレビでおなじみの岡田隆・准教授(39)が、肉体強化の視点から金メダル獲得に向けた戦略の一端を明かした。66キロ級で、世界選手権2連覇中の阿部一二三(ひふみ、21)=日体大3年=ら金メダル候補に求める「発想の転換」とは-。 (取材構成・石井文敏)

 2016年リオデジャネイロ五輪で男子日本代表は井上康生監督(40)の下、全7階級でメダルを獲得した。「バズーカ岡田」こと岡田氏は肉体面から躍進を支えた。東京五輪開幕まで550日に迫る中、取り組みは成熟期を迎える。

 「リオ五輪までは筋肉量の増大、筋力の増加、食事やサプリメントの管理を行った。(東京五輪に向けて)体を強くする、筋肉を大きく強くすることは徹底できている」

 リオ五輪に続き、東京五輪でも男子日本代表の体力強化を任される岡田氏は、仕上がりに自信を示す。中でも、鍛え上げられた肉体から繰り出される袖釣り込み腰などの投げ技を武器に、17、18年と世界選手権で2連覇を成し遂げた66キロ級の阿部の肉体に注目する。

 岡田氏は、絶対王者が世界選手権を初制覇した17年夏頃には「筋肉指数は100%」に達していたと明かす。「筋肉をこれ以上大きくしすぎないようにセーブする。ウエートトレーニングをしなくてもいい肉体をしている」。日の丸を背負う選ばれし者の中でも、リオ五輪73キロ級王者の大野将平(26)=旭化成=ら数人と同じように、階級に適正な筋肉を持っているという。

 そこで阿部には筋肉と対話をしながら、「発想の転換」を説く。柔道は土台に力勝負があるが、技のスピードや正確性などの総合力も求められる。ただやみくもに鍛え上げるだけでは勝負を制することはできない。寸分の狂いなく体をコントロールすることが金メダル獲得に不可欠だ。

 ここからが岡田流のトレーニング。「ダンベルで60キロができたからといって、61、62キロと上がっていくだけだと頭打ちになる。50キロのダンベルを上げる動きの質やスピードをアップさせることの方が大事」。数字だけみれば10キロも軽く、筋肉への刺激は少なくなると思われる。だが、いつもよりもスピーディーかつ爆発的に、そして正確に、ダンベルを上げることを意識すれば動きを制御しながらも瞬発力や出力を上げられる。それが世界を制すための“使える筋肉”なのだ。

【続きを読む】

  • 岡田氏は日本社会人ボディービル選手権で頂点に立った。自身も、筋肉の限界を追い求める(Max-MENTOKYO、岡田氏提供)
  • 2018年世界選手権・柔道男子日本代表個人戦の成績
  • 2016年リオデジャネイロ五輪・柔道男子日本代表の成績
  • 昨年のグランドスラム大阪での阿部一二三(右)。道着の下からみえる肉体は積み重ねてきた稽古の結晶だ
  • 井上監督(右)は岡田氏(右から2人目)に絶大な信頼を寄せている(岡田氏提供)
  • バズーカ岡田の簡単トレーニング!(岡田氏提供)