2019.1.14 05:03(1/2ページ)

洛南、全5戦ストレートV!決勝両軍最多25得点の大塚がMVP/春高バレー

洛南、全5戦ストレートV!決勝両軍最多25得点の大塚がMVP/春高バレー

特集:
熱戦!春の高校バレー
第3セット、得点が決まり、歓喜する大塚(中央)。昨年涙をのんだ決勝の舞台で輝いた(撮影・福島範和)

第3セット、得点が決まり、歓喜する大塚(中央)。昨年涙をのんだ決勝の舞台で輝いた(撮影・福島範和)【拡大】

 バレーボール・全日本高校選手権第5日(13日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)男女の決勝が行われ、男子は前回準優勝の洛南(京都)が清風(大阪第1)を3-0で下し、14大会ぶり2度目の優勝を果たした。2009年までの総体の記録を引き継ぐため春高は初制覇。エースの大塚達宣(たつのり、3年)が両軍最多の25得点を挙げ、最優秀選手賞に選出された。決勝で鎮西(熊本)に敗れた昨年のリベンジを果たし、1セットも失わない完全優勝で有終の美を飾った。

 歓喜で瞳をぬらした。春高制覇が決まると、顔を紅潮させた大塚が膝からコートに崩れ落ちる。大阪が生んだ高校随一のアタッカーは、喜びよりも哀愁に浸っていた。

 「もう終わりなんか。勝ってうれしいけど、このメンバーでの試合は最後なんやな…」

 的を絞らせない。時間差やクイック攻撃と洛南アタッカーが牙をむいた。第3セット。流れが清風に傾きかけると、トスを求めたエースがバックアタックを見舞った。「その1点を決めるために1年間やってきた」。両軍最多の25得点。多彩な攻撃で、同じ関西勢の好敵手を翻弄した。全5戦で1セットも落とさずに完全優勝を飾った。

 昨年は鎮西との決勝でストレート負け。相手の大黒柱だった鍬田憲伸(現中大)に32得点を許し、エース対決で打ち負けた。「苦しい状況で鍬田さんにトスを上げれば大丈夫という感じだった。ああいう存在にならないといけないと思った」と大塚。以来、スパイクの精度を追求。高校時代にバレー部に所属した父・正宣さん(55)と試合の映像を見て助言をもらった。

 京大の合格者数で国内指折りの実績を誇る洛南で、スポーツクラスでなく一般クラスに籍を置く。「何でも1度言えば覚える」と細田哲也監督(50)。暗記を好んで社会を得意科目とする193センチの頭脳派は、ブロックなしの練習でもネット越しに伸びる手をイメージして右腕を振った。

【続きを読む】

  • 最優秀選手賞を受賞した洛南・大塚達宣(1)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・福島範和)
  • 優勝を果たし、選手に胴上げされる洛南・細田監督=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 優勝し、感極まる洛南・大塚達宣(右から2人目)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・福島範和)
  • 優勝し、記念撮影に臨む洛南の選手ら=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・福島範和)
  • 優勝し、胴上げされる洛南の山本龍主将=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・福島範和)
  • 第1セット得点に喜ぶ洛南の選手=13日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 第1セット得点が決まり、歓喜する洛南の選手たち=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・福島範和)
  • 洛南-清風
  • 洛南・今大会の足取り
  • 春高バレー・最近10年の優勝校