2019.1.14 05:01

【春高男子V喜びの声】洛南・大塚「自分が絶対勝たせる気持ちだった」

【春高男子V喜びの声】

洛南・大塚「自分が絶対勝たせる気持ちだった」

優勝し、記念撮影に臨む洛南の選手ら=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・福島範和)

優勝し、記念撮影に臨む洛南の選手ら=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・福島範和)【拡大】

 バレーボール・全日本高校選手権第5日(13日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)男女の決勝が行われ、男子は前回準優勝の洛南(京都)が清風(大阪第1)を3-0で下し、14大会ぶり2度目の優勝を果たした。2009年までの総体の記録を引き継ぐため春高は初制覇。エースの大塚達宣(たつのり、3年)が両軍最多の25得点を挙げ、最優秀選手賞に選出された。

選手の手で3度宙を舞った細田監督「春高では初優勝。長い道のりだったけど、とてもうれしい」

(1)大塚達宣(3年)「自分が絶対勝たせる気持ちだった。春高で実現できてうれしい」

(2)中島明良(3年)「このチームで初めての全国制覇。優勝に少しは貢献できた」

(3)柴田竜(3年)「楽しいバレーをチーム全体で実行し、優勝できてうれしい」

(4)垂水優芽(3年)「自分の調子が上がらなかったが、決勝ではいいプレーができた」

(5)山本龍主将(3年)「すごく楽しかったし、最終的に優勝できてよかった」

(6)宮野陽悠河(3年)「悩みながらやって、レシーブの中心として優勝できた」

(7)内藤大(2年)「リベロは1回のミスが出ると落ち込むが、楽しくできた」

(8)藤原直人(3年)「控えだが、3年間チーム練習でもしっかりやってきてよかった」

(9)溝井健太(2年)「3年生と一番長くプレーできたのが財産です」

(10)伊藤大梧(1年)「日本一を経験させてもらった。この経験を糧に来年活躍します」

(11)三浦宇司(1年)「ベンチ入りした高校総体では準優勝。今大会で勝ててうれしい」

(12)堀昭良(3年)「みんなと春高で優勝できたことは本当にうれしかったです」

(13)宮坂郁夫(2年)「すごい3年生とプレーができて、いい勉強になった」

(14)木村祐真(1年)「楽しいバレーを学び、先輩たちに恵まれて優勝できてよかった」

(15)前田駿(2年)「ベンチに入れなくても3年生と一緒のチームだったことが誇り」

(16)中井洋杜(1年)「率先してサポートしてきて、チームが優勝できてよかった」

(17)大江祐煕(2年)「ベンチに入っていい経験になった。来年も出たい」

(18)岸本脩汰(1年)「1年から背番号をもらえたので、来年も春高でプレーがしたい」

  • 洛南-清風
  • 洛南・今大会の足取り
  • 春高バレー・最近10年の優勝校