2019.1.14 12:27

複合はジャパン杯で選考 東京五輪実施種目/スポーツクライミング

複合はジャパン杯で選考 東京五輪実施種目/スポーツクライミング

 日本山岳・スポーツクライミング協会は14日、8月に東京都八王子市で開催される世界選手権の代表選考基準を発表し、2020年東京五輪実施種目の複合は5月のジャパンカップ(愛媛県西条市)での決勝進出者などから選ぶことになった。同選手権では男女とも7位までに五輪出場権が与えられるとなっており、日本勢は金を含む複数のメダル獲得を目指す。

 スピード、ボルダリング、リードの各種目の代表は、今季のワールドカップ(W杯)の成績などで決める。昨年の世界選手権で男子ボルダリングを制した原田海(日新火災)はこの種目への出場が決まっている。