2019.1.14 05:00

沙羅8位「はるかに苦しい状況」/ジャンプ

沙羅8位「はるかに苦しい状況」/ジャンプ

特集:
高梨沙羅
2回目の飛躍を終え、ゴーグルを外す高梨沙羅。8位だった=大倉山

2回目の飛躍を終え、ゴーグルを外す高梨沙羅。8位だった=大倉山【拡大】

 ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子札幌大会個人第7戦(13日、札幌市大倉山ジャンプ競技場=HS137メートル、K点123メートル)日本勢は高梨沙羅(22)=クラレ=が116・5メートル、110・5メートルの合計175・8点で8位となったのが最高だった。伊藤有希(24)=土屋ホーム=は10位。2018年平昌冬季五輪金メダルのマーレン・ルンビ(24)=ノルウェー=が128メートル、133・5メートルの229・8点で今季初勝利、通算14勝目を挙げた。

高梨沙羅「自分のジャンプのベース(土台)すらも分からなくなってしまう。思っていたよりも、はるかに苦しい状況」

  • ファンの女の子にサインする8位だった高梨沙羅(左)=大倉山
  • 8位だった高梨沙羅の2回目の飛躍=大倉山