2019.1.13 05:01

市尼崎、高校総体初Vもストレート負け/春高バレー

市尼崎、高校総体初Vもストレート負け/春高バレー

特集:
熱戦!春の高校バレー
第3セット、スパイクを放つ市尼崎・安井恒介(1)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)

第3セット、スパイクを放つ市尼崎・安井恒介(1)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)【拡大】

 バレーボール・全日本高校選手権第4日(12日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)市尼崎は高校総体で全国初Vを飾り、春高との2冠を目指したが、序盤から洛南のアタックに引いてしまった。主将の安井恒介(3年)や宮城テリーク(3年)を軸に反撃に出るも流れを引き寄せられず、1セットも奪えず敗退した。安井は「勝つも負けるもチームに信頼されている自分が決めきれなかった。悔しい」と肩を落とした。

出場校一覧へ

  • 第3セット、スパイクを放つ市尼崎・宮城テリーク(4)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 第1セット、ブロックに跳ぶ市尼崎・立石蓮(3)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 第1セット、得点し喜ぶ市尼崎の選手=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・鴨川一也)