2019.1.13 05:01

鎮西・水町、27得点も悔しストレート負け…/春高バレー

鎮西・水町、27得点も悔しストレート負け…/春高バレー

特集:
熱戦!春の高校バレー
試合に敗れ、座り込む鎮西・水町泰杜(3)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)

試合に敗れ、座り込む鎮西・水町泰杜(3)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)【拡大】

 バレーボール・全日本高校選手権第4日(12日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)前回王者・鎮西が清風にまさかのストレート負け。連覇の夢が絶たれた。昨年の優勝メンバーで2年生エースの水町は27得点を奪うも、相手の高いブロックと徹底マークにあって勝負どころで決めきれなかった。「大事な場面で点が取れず、自分のふがいなさを感じた。上を目指すならもっと力をつけないといけない」と悔しさをにじませた。

出場校一覧へ

  • 試合に敗れ、肩を落とす水町泰杜(左から3人目)ら鎮西の選手=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 第2セットスパイクを放つ鎮西の森北斗(1)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 第1セットスパイクを放つ鎮西・水町泰杜(3)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・鴨川一也)