2019.1.13 05:01

東九州龍谷・荒木、ブロックだけで7得点!相原監督「日本の宝に」/春高バレー

東九州龍谷・荒木、ブロックだけで7得点!相原監督「日本の宝に」/春高バレー

特集:
熱戦!春の高校バレー
第4セット、ブロックを決め、喜ぶ東九州龍谷・荒木(3)=武蔵野の森総合スポーツプラザ

第4セット、ブロックを決め、喜ぶ東九州龍谷・荒木(3)=武蔵野の森総合スポーツプラザ【拡大】

 バレーボール・全日本高校選手権第4日(12日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)東九州龍谷は昨年の高校総体準決勝で敗れた下北沢成徳に逆転勝ち。1-2の劣勢をはね返し、2大会連続の決勝進出を決めた。相原監督が「日本の宝になりつつある」と絶賛する身長184センチの荒木彩花はブロックだけで7点を量産し、エースの平山詩嫣(しおん、3年)、スーパールーキーの室岡莉乃とともにチームを引っ張った。荒木は「絶対に(下北沢成徳の)3冠を阻止する気持ちだった」と満足そうだった。

出場校一覧へ

  • 第2セットスパイクを放つ東九州龍谷の荒木彩花(3)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 試合に勝利し、歓喜する東九州龍谷の選手ら=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 第2セットスパイクを放つ東九州龍谷の合屋咲希(4)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 第2セットスパイクを放つ東九州龍谷の室岡莉乃(7)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 第2セットスパイクを放つ東九州龍谷の平山詩嫣(2)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 第1セット、得点に喜ぶ東九州龍谷の選手(手前)ら=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)
  • 春高バレー・過去10年の優勝校