2019.1.13 05:00

【大林素子 春にアタック】洛南は気持ちの部分が一番大事

【大林素子 春にアタック】

洛南は気持ちの部分が一番大事

第1セット、得点に喜ぶ洛南の選手ら=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)

第1セット、得点に喜ぶ洛南の選手ら=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・川口良介)【拡大】

 バレーボール・全日本高校選手権第4日(12日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)東九州龍谷は、石川ら下北沢成徳の両レフトを封じることに成功した、守りの勝利でした。攻撃力のある大型選手と、小さくて守備のうまい選手の役割分担ができており、チームの力を存分に発揮していました。

 決勝で対戦する金蘭会は高いレフトが2枚いて、コンビもある。金蘭会、東九州龍谷ともに粘り強い守備があり、レシーブ負けしない中で大型アタッカーがどう点をもぎ取るかの勝負になります。東九州龍谷の速いコンビに、金蘭会がブロックでワンタッチを取れるかが流れを決めるのではないでしょうか。

 男子は大塚、垂水(たるみ)の両エースを中心に、コンビもある洛南と、速いコンビバレーが身上の清風の対戦です。洛南としては相手のコンビをつぶすサーブを打てるか。清風は準決勝の鎮西戦で見せたように、ブロックで大塚を止められるかですが、洛南は大塚以外にも、バックアタックもセンターの攻撃もあり、的を絞るのは難しいでしょう。

 大会を通して苦しい戦いをほとんど経験していない洛南は、受け身にならないこと。気持ちの部分が一番大事になると思います。 (八王子実践OG。元日本女子代表、スポーツキャスター)

出場校一覧へ