2019.1.13 18:08

北の富士氏、稀勢に駄目出し「あす負けたらいよいよ後がない」/初場所

北の富士氏、稀勢に駄目出し「あす負けたらいよいよ後がない」/初場所

特集:
稀勢の里
北の富士勝昭氏

北の富士勝昭氏【拡大】

 大相撲初場所初日(13日、両国国技館)先場所途中休場で、進退が懸かる横綱稀勢の里(32)は小結御嶽海(26)に押し出され、黒星発進となった。

 NHKでテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(76)=元横綱=は稀勢の里について、「左にこだわり過ぎた。これが駄目。右から全然攻めがない」と駄目出し。「当たり負けしている。相手は読み切っている。稽古場と本場所は違うというものの負け方がまずい」と苦言を呈した。

 2日目は平幕逸ノ城(25)と対戦する。逸ノ城には直近で3連敗しており、8勝6敗と苦手にしている。「きょうは仕方がない。あすはいい相撲で勝って気持ちを取り直してもらいたい。あす負けたらいよいよ後がない」とエールを送っていた。

初日結果へ2日目取組へ