2019.1.13 20:23

内村、跳馬の新技を確認 体操男子の強化合宿

内村、跳馬の新技を確認 体操男子の強化合宿

特集:
内村航平
公開された強化合宿で、ポーズを取りながら談笑する内村航平(右)=味の素ナショナルトレーニングセンター

公開された強化合宿で、ポーズを取りながら談笑する内村航平(右)=味の素ナショナルトレーニングセンター【拡大】

 体操男子で五輪個人総合2連覇の内村航平(リンガーハット)ら日本のトップ選手が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を公開し、内村は跳馬で今季から新たに使う予定の「ロンダートからひねり前転跳び前方伸身宙返り2回ひねり」を念入りに確認した。

 内村は2020年東京五輪ではさらに半分多くひねる大技「リ・シャオペン」を使うことを目指している。「1年間しっかり(リ・シャオペンを跳ぶための)勇気をためていきたい」と話した。

 内村らは今月下旬から中国で合宿を行う。最大のライバルとなる同国の選手と一緒に練習する予定で、日本協会の水鳥寿思男子強化本部長は「(強さの秘密に)何かしら僕らが知らない部分があるはず。少しでも吸収したい」と狙いを語った。

  • フォトセッションで笑顔を見せる内村航平(後列中央)=味の素ナショナルトレーニングセンター