2019.1.11 12:50

作新学院高校ボクシング部で体罰と告発 インターハイ優勝の強豪

作新学院高校ボクシング部で体罰と告発 インターハイ優勝の強豪

 強豪として知られる作新学院高校(宇都宮市)ボクシング部の男性監督らが部員に体罰を繰り返したとして、関係者が学校や栃木県教育委員会に告発文を送っていたことが11日、分かった。同校は同日午後、記者会見する。

 告発文によると、男性監督や父親の前監督は練習中や遠征中、複数の部員に対して「態度が悪い」などとして1~2時間正座させたり、顔を平手でたたいたりした。部員に「目障りだ。いつ辞めるんだ」などと暴言を吐き、全体練習に参加させないなどの行為もあったとしている。

 作新は昨年8月の全国高校総体(インターハイ)で学校対抗優勝。プロ選手も輩出している。