2019.1.9 18:11

進退の稀勢に明るい兆し 貴景に8勝1敗、連合稽古で充実感

進退の稀勢に明るい兆し 貴景に8勝1敗、連合稽古で充実感

特集:
稀勢の里
貴景勝(右)と稽古する稀勢の里=東京都江東区の尾車部屋

貴景勝(右)と稽古する稀勢の里=東京都江東区の尾車部屋【拡大】

 大相撲初場所(13日初日、両国国技館)で進退が懸かる横綱稀勢の里は9日、東京都江東区の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古に参加し、先場所初優勝の新関脇貴景勝と9番続けて取って8勝1敗と明るい兆しが出てきた。「圧力負けしないように。前に前にとしっかりいけた。だいぶ体も動いてきた」と充実感を漂わせた。

 番数はこの9番にとどまったが、それを補う内容の濃さだった。先場所初日に敗れた相手に対し、頭で当たって突き、押し。張り手を浴びても逆襲し、左四つにこだわる場面もない。とにかく足を前に出し続けた。10歳年下で22歳の新鋭を気迫で上回り、稽古場は熱気と緊迫感に包まれた。

 苦境に立ち向かうひたむきな姿に、芝田山親方(元横綱大乃国)は「半歩でも一歩でも、二歩でも三歩でも進もうと思ってやっているのだろう」と述べた。尾車親方(元大関琴風)は「貴景勝を相手に引っ張り出した。この意気込みこそが大事なんだ」とうなずいた。

 調整はいよいよ最終盤に突入し、稀勢の里は10日に場所前最後の出稽古を行う予定だ。「いい状態になってきた。あとは自分を信じて、一生懸命やるだけ」と話し、澄み切ったような表情に強い決意をにじませた。