2019.1.9 05:01

吉田沙保里引退に地元からもねぎらいの声/レスリング

吉田沙保里引退に地元からもねぎらいの声/レスリング

特集:
吉田沙保里
2012年のロンドン五輪で金メダルを獲得し、父の栄勝コーチを肩車。吉田の“五輪史”の名場面でもある(共同)

2012年のロンドン五輪で金メダルを獲得し、父の栄勝コーチを肩車。吉田の“五輪史”の名場面でもある(共同)【拡大】

 レスリング女子の吉田沙保里(36)=至学館大職=が8日、現役に別れを告げた。

 吉田の地元・三重でも、ねぎらいの言葉が相次いだ。吉田の兄、栄利さん(38)は、津市の実家で「10日の記者会見で本人が話した後に家族として対応します」と説明した。

 三重県立久居高3年時の担任、福岡昌允さん(72)は「何事も手を抜かず、挑戦していく性格。在学中に2度、世界カデット選手権で優勝したが、それを鼻にかけることはなかった」と振り返り、「マイナーだった女子レスリングに光を当てたのは沙保里」とたたえた。

 津市立一志中で3年間、英語を教えた森雅也さん(52)は本人に「お疲れさま」とメールを送ったといい、「自分の進む道を決心したことを褒めてあげたい。これからも世界の吉田沙保里として頑張ってほしい」と期待を寄せた。

 三重県の鈴木英敬知事は県庁で「勇気と感動を与えてくれた。三重県が生んだスーパースター。県民を挙げてこれからを応援したい」と話した。

  • 吉田沙保里・五輪&世界選手権成績
  • 吉田沙保里の歩み
  • 最近引退した主なスポーツ選手