2019.1.3 14:00

東海大・両角監督「信じられないような心境」胴上げは「気持ちいい。最高だった」/箱根駅伝

東海大・両角監督「信じられないような心境」胴上げは「気持ちいい。最高だった」/箱根駅伝

特集:
箱根駅伝
1位でゴールする東海大のアンカー・郡司=東京・大手町

1位でゴールする東海大のアンカー・郡司=東京・大手町【拡大】

 第95回東京箱根間往復大学駅伝復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町109・6キロ)関東の22校とオープン参加の関東学生連合を加えた23チームが参加して行われ、往路2位の東海大が10時間52分9秒の大会新記録で初の総合優勝を飾った。青学大は史上3校目の総合5連覇と大学駅伝3冠はならなかった。

 東海大の両角速監督は「信じられないような心境。悔しい思いが一番あった。挑戦していくことをあきらめなかった姿勢が発揮された」と笑顔。「胴上げは気持ちいい。最高だった。まだまだ努力しなきゃいけないことがたくさんある」と気を引き締めた。

  • 胴上げされる東海大・湊谷=東京・大手町(代表撮影)