2019.1.1 04:02(1/2ページ)

メイウェザー、那須川を子供扱い瞬殺!会見ではゴキゲン「ハッピー、ニューイヤー!」

メイウェザー、那須川を子供扱い瞬殺!会見ではゴキゲン「ハッピー、ニューイヤー!」

笑みを浮かべながらも、力強いパンチで那須川(左)をリングに沈めたメイウェザー (撮影・山田俊介)

笑みを浮かべながらも、力強いパンチで那須川(左)をリングに沈めたメイウェザー (撮影・山田俊介)【拡大】

 RIZIN(31日、さいたまスーパーアリーナ)プロボクシングで世界5階級制覇の実績を持つフロイド・メイウェザー(41)=米国=がエキシビションマッチでキックボクサーの那須川天心(20)=TARGET=と対戦、1回2分19秒でTKO勝ちした。3分3ラウンドの蹴り技なしで行い、50戦全勝のスーパースターがキックボクシング界の“神童”を終始圧倒してリングに沈めた。

 やはり強かった。時に笑みを浮かべながら、メイウェザーが強打の雨を降らせる。わずか2分19秒。“夢の対戦”はあっけなく終わった。

 「きょうはエンターテインメント、楽しんでもらえる試合を意識した」

 当初から余裕だった。昨年11月に対戦を発表した3日後に、中止を一方的に通告。米国での会見に大遅刻したり、前日の公開計量を拒否したり…。体重は4キロ以上重く、ルールも蹴った場合はキック1発で500万ドル(約5億5000万円)の違約金を設定。メイウェザーのペースに周囲は振り回された。

【続きを読む】