2018.12.30 13:30

富士山女子駅伝、名城大が大会新で初優勝

富士山女子駅伝、名城大が大会新で初優勝

優勝しチームメイトから胴上げされる名城大の7区・高松智美ムセンビ=静岡・富士総合運動公園陸上競技場(撮影・長尾みなみ)

優勝しチームメイトから胴上げされる名城大の7区・高松智美ムセンビ=静岡・富士総合運動公園陸上競技場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 師走の富士山麓を駆け抜ける「富士山駅伝(全日本大学女子選抜駅伝)」は30日、静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社前をスタートし、富士市の富士総合公園陸上競技場をゴールとする7区間43.4キロに22チームが参加して行われ、10月の全日本大学女子駅伝(杜の都駅伝)で2連覇した名城大が2時間23分46秒の大会新記録で初優勝を果たした。杜の都で2位の大東大が2位。前年優勝の立命大は3位で、連覇は5で止まった。

 1区(4.1キロ)では、大学長距離界の上位選手を集めた全日本学生選抜の佐野英里佳(拓大2年)が、名城大・青木和(4年)とのラストスパート勝負を制して区間賞。さらに全日本学生選抜は2区(6.8キロ)でも五島莉乃(中大3年)が20分50秒の区間新記録をマークして差を広げた。

 4区(4.4キロ)に入ると、地元・静岡出身の名城大・松浦佳南(4年)、さらに立命大・松本美咲(2年)が全日本学生選抜を抜いて前へ。エース区間の5区へ、1位・名城大は2位・立命大と22秒でつないだ。

 エース区間の5区(10.5キロ)では、6位でたすきを受けた学生ナンバーワンランナーの大東大・関谷夏希(3年)が猛追。4キロ過ぎに3位に浮上する。一方、13番手でたすきを受けた京都産大・棚池穂乃香(4年)は9人抜きで4位へ浮上。しかしトップの名城大・加世田梨花(2年)は関谷と同タイムで快走。2位の立命大に1分3秒差でたすきをつないだ。区間賞は34分43秒で加世田と関谷。棚池は1秒遅れの区間3位だった。

 6区(6キロ)を終えて、名城大は2位の立命大との差を1分45秒まで開く。3位の大東大までは2分11秒差。山上りの最終7区(8.3キロ)で、名城大・高松智美ムセンビと大東大・鈴木優花との1年生エース対決が始まる。

 単独走で淡々とタイムを刻む高松。一方、鈴木は早くも2キロ手前で、昨年女王の立命大でアンカーとして区間賞をマークした真部亜樹(3年)をかわす。猛追するも、高松も速いペースで走り、そのままゴール。鈴木は、トラック1周分の遅れでゴールした。

  • 優勝しゴールテープを切る名城大・高松智美ムセンビ=静岡・富士総合運動公園陸上競技場(撮影・長尾みなみ)
  • 優勝し喜びを爆発させる名城大の選手ら=静岡県富士市の富士総合運動公園陸上競技場(撮影・長尾みなみ)
  • 大鳥居の前から一斉に駆け出す選手たち=富士山本宮浅間大社(撮影・石原颯)