2018.12.29 17:23

明大・牛来主将、圧倒的な勝利に「今年で一番の試合。百点満点」 学生氷上選手権/アイスホッケー

明大・牛来主将、圧倒的な勝利に「今年で一番の試合。百点満点」 学生氷上選手権/アイスホッケー

東洋大に快勝して3大会連続の優勝を決め、喜ぶ明大の選手=白鳥王子アイスアリーナ

東洋大に快勝して3大会連続の優勝を決め、喜ぶ明大の選手=白鳥王子アイスアリーナ【拡大】

 日本学生氷上競技選手権のアイスホッケーは29日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで行われ、昨年と同じ顔合わせとなった男子決勝は明大が6-0で東洋大に快勝して3大会連続32度目の優勝を飾った。

 男子決勝は関東大学リーグ王者の明大が強さを見せつけた。第1ピリオドに細かいパス回しからFW佐久間が先制点を奪って流れをつかむと、その後は相手の隙を見逃さず得点。シュート数は46-27と圧倒し、守っても最後までゴールを割らせなかった。

 危なげない勝利に井原監督は「相手の強みであるパワープレーを封じるというゲームプラン通り。学生を褒めてあげたい」と頬を緩める。牛来主将も「今年で一番の試合ができた。百点満点」と満面に笑みを浮かべた。