2018.12.29 19:20

実力のある那須川との対戦は「メイウェザーにとって厄介な夜になる」米サイト/RIZIN

実力のある那須川との対戦は「メイウェザーにとって厄介な夜になる」米サイト/RIZIN

11月5日、都内で行われた記者会見でポーズを取るフロイド・メイウェザー(左)と那須川天心

11月5日、都内で行われた記者会見でポーズを取るフロイド・メイウェザー(左)と那須川天心【拡大】

 31日にさいたまスーパーアリーナで行われる格闘技イベント「RIZIN.14」で、プロボクシングの元世界5階級制覇王者、フロイド・メイウェザー(41)=米国=とキックボクシングの那須川天心(20)=TARGET=の試合が、3分3ランドのボクシングルールの非公式エキシビションマッチとして行われる。

 試合を前に米スポーツサイト「ブリーチャーリポート」は28日(日本時間29日)、「2017年の8月にボクシングルールで元UFC2階級制覇王者のコナー・マクレガー(30)=アイルランド=との試合を最後に戦っていない41歳のメイウェザーの今回の決断は、格闘技ファンを驚かせた」とし、「キックボクサーの那須川はメイウェザーとボクシングルールで戦うことになるが、彼はこれまでのキャリアで十分実力があることを証明しており、メイウェザーにとっては厄介な夜になるだろう」と伝えた。 

 ジャッジはなしの非公式試合として行われる同試合の体重リミットはウェルター級の147ポンド(67・7キロ)で、両選手には8オンス(226・8グラム)のRIZINのボクシンググローブの着用が義務付けられる。