2018.12.27 05:00

【絆トーク】葛藤を経た高橋大輔の願いは明確…思いに応えるのが次世代の責任

【絆トーク】

葛藤を経た高橋大輔の願いは明確…思いに応えるのが次世代の責任

特集:
高橋大輔
高橋大輔

高橋大輔【拡大】

 時計の針は午後11時を指そうとしていた。さきのフィギュアスケート・全日本選手権で全日程終了後。男子2位となり、世界選手権代表入りを日本連盟に打診された高橋大輔(32)=関大KFSC=が切り出し、異例の会見を行った。

 代表の辞退理由を伝えた、ありのままの言葉に胸打たれた。

 「後輩が成長して羽生(結弦)君を(宇野)昌磨を抜かしていく。成長してもらいたい気持ちが、自分が成長したい気持ちと同じくらいある」

 優しさとみる声も代表入りを推す意見も記者席から挙がった。葛藤を経た32歳の願いは明確だ。「若手が経験を積むことで日本のスケートが盛り上がる」。次世代には第一人者の思いに応える責任がある。 (五輪競技担当・鈴木智紘)