2018.12.25 10:00(1/4ページ)

【平成の真実(21)】平成2年12月9日「ヤワラちゃん・田村亮子」誕生

【平成の真実(21)】

平成2年12月9日「ヤワラちゃん・田村亮子」誕生

特集:
平成の真実
シドニー五輪柔道女子48キロ級決勝で、谷(当時の姓は田村、右)が、ブロレトワ(ロシア)を開始36秒で内股で一本

シドニー五輪柔道女子48キロ級決勝で、谷(当時の姓は田村、右)が、ブロレトワ(ロシア)を開始36秒で内股で一本【拡大】

 国民的ヒロイン、ヤワラちゃんの誕生-。平成2(1990)年12月9日、福岡国際女子柔道選手権で中学3年生、15歳の田村亮子(現・谷亮子、43)が史上最年少優勝を達成した。漫画家・浦沢直樹(58)の人気漫画「YAWARA!」(ビッグコミックスピリッツ、小学館)にちなんだ愛称で呼ばれ、柔道ブームが巻き起こった。谷が“リアルヤワラちゃん時代”を振り返った。 (取材構成・石井文敏)

 東京都内にあるホテルの一室に姿を見せた谷は、畳に上がる前のように一礼した。参院議員を経て、現在は主婦業を中心とする2男の母。五輪に5度出場し、金2、銀2、銅1のメダルを獲得した平成を代表する女性アスリートは、28年前の衝撃デビューを懐かしそうに振り返った。

 「優勝をきっかけに人生が180度変わりました。この優勝がなければ、柔道人生はここまでになっていないと思います」

 平成2(1990)年12月9日、地元の福岡国際センター。初段になって約1カ月で48キロ級に出場した身長1メートル44の15歳が、得意の背負い投げで“お姉さん選手”を次々に投げ飛ばして国際大会初出場優勝。翌日の新聞朝刊に「ヤワラちゃん」の見出しが躍った。

 漫画「YAWARA!」。昭和61(1986)年に連載を開始した浦沢直樹氏の大ヒット作品で、女子高校生の柔(やわら)が主人公。平成4(92)年のバルセロナ五輪で48キロ級と無差別級の2階級制覇するまでを描いた柔道物語だ。後にトレードマークとなる前髪の赤いゴムも、柔の髪型を思わせた。

【続きを読む】

  • 初の金メダルを「やっと初恋の人と巡り合えた気持ち」と喜んだ
  • サインに似顔絵