2018.12.23 21:13

紀平、3回転半2発成功も2位 坂本が初V!宮原5連覇ならず3位/フィギュア

紀平、3回転半2発成功も2位 坂本が初V!宮原5連覇ならず3位/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
宮原知子
演技を終えガッツポーズをみせる坂本花織=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)

演技を終えガッツポーズをみせる坂本花織=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

 フィギュアスケート・全日本選手権第3日(23日、東和薬品ラクタブドーム)来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)代表選考会を兼ねて行われ、ショートプログラム(SP)5位と出遅れた紀平梨花(16)=関大KFSC=がフリー1位の155・01点をマークし合計223・76点。2位に入った。宮原知子(20)=関大=は223・34点で3位に終わり、伊藤みどり以来の5連覇はならなかった。坂本花織(18)=シスメックス=が228・01点で初優勝を飾った。本田真凜(17)=JAL=は164・23点で15位だった。

 紀平は21日に行われたSPで、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、68・75点で5位と出遅れた。5連覇を目指す首位の宮原と8・01点差が付いたが、望みは失っていなかった。

 「SPから気持ちの持って行き方がすごく難しかった。昼寝もできず不安だったけど、絶対がんばろうと思った。いい点数がもらえてうれしい」

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-3回転トーループを成功させると、単発の3回転半も着氷。後半に予定した3回転ルッツ-2回転トーループ-2回転ループの3連続ジャンプが、3回転ルッツ-2回転サルコーとなったが、それ以外はほぼ完璧な演技を披露し、万雷の拍手を浴びた。

 女子で跳べる選手が少ない高得点の3回転半を2度も組み込む構成をミスせずにこなした。「世界選手権には出たい。靴の状態が良くない中で世界選手権に出たい思いが力に変わった。どんなことがあっても、安定した成績を出すことが大事」とエースの自覚をにじませた。

  • 演技を終えガッツポーズをみせる坂本花織=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)
  • 女子フリーの演技を終え、拳を突き上げ喜ぶ坂本花織=東和薬品ラクタブドーム
  • 女子フリーで演技をする坂本花織=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)
  • 女子フリー演技する坂本花織=東和薬品ラクタブドーム
  • 女子フリーで演技する坂本花織=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)
  • 女子フリー得点発表の坂本花織=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)
  • 女子フリー得点発表の坂本花織=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)
  • 女子フリーの演技を終えガッツポーズの紀平梨花=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)
  • 女子フリーで演技をする紀平梨花=東和薬品ラクタブドーム(撮影・須谷友郁)
  • 演技する紀平梨花=東和薬品ラクタブドーム(撮影・須谷友郁)
  • 演技する紀平梨花=東和薬品ラクタブドーム
  • 演技する紀平梨花=東和薬品ラクタブドーム