2018.12.23 18:12

真凜、フリーも精彩欠く ジャンプのミス相次ぐ/フィギュア

真凜、フリーも精彩欠く ジャンプのミス相次ぐ/フィギュア

特集:
本田真凜
女子フリーで演技する本田真凜=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)

女子フリーで演技する本田真凜=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

 フィギュアスケート・全日本選手権第3日(23日、東和薬品ラクタブドーム)来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)代表選考会を兼ねて行われ、ショートプログラム(SP)18位と大きく出遅れた、2016年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(17)=JAL=はフリーで111・48点。SPとの合計164・23点だった。

 SPに続いて真凜はジャンプのミスが相次いだ。前半に予定した3回転サルコーは2回転に。後半のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)-3回転トーループは前半が1回転となり、最後の3回転フリップは着氷でよろめいた。演技後は両手を合わせて、ファンに頭を下げた。

 本格的にシニア参戦して2シーズン目。今季はグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカで8位、第6戦のフランス杯で6位と苦戦が続いた。今春から拠点を米国に移して練習を積み、新たな環境では陸上トレーニングを氷上と同じ程度こなしている。

 元世界女王の浅田真央さんを指導したこともある、ラファエル・アルトゥニアン・コーチはスケートを一から見直していることもあり、結果が出るまで2年かかると長い目で見ているが、厳しい現実を突きつけられた。

  • 女子フリーで演技する本田真凜=東和薬品ラクタブドーム(撮影・須谷友郁)
  • 女子フリーで演技する本田真凜=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)
  • 女子フリーで演技する本田真凜=東和薬品ラクタブドーム(撮影・須谷友郁)
  • 女子フリー得点発表の本田真凜=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)
  • 女子フリー得点発表の本田真凜=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)
  • 女子フリーで演技する本田真凜=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)