2018.12.22 11:43

川井梨紗子、伊調との「五輪王者対決」制する/レスリング

川井梨紗子、伊調との「五輪王者対決」制する/レスリング

伊調馨(右)に判定勝利した川井梨紗子=22日、東京都世田谷区・駒沢体育館(撮影・納冨康)

伊調馨(右)に判定勝利した川井梨紗子=22日、東京都世田谷区・駒沢体育館(撮影・納冨康)【拡大】

 レスリング・全日本選手権第3日(22日、東京・駒沢体育館)女子57キロ級の予選リーグが始まり、五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=と2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級女王の川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=が対戦。伊調は1-2で敗れた。

 午前11時ちょうどに始まった“頂上決戦”。互いに手の内を知るだけに慎重な試合展開の中、川井梨に組み手争いを優勢に進められた。終盤は前のめりに攻撃したが、かわされた。3分間2ピリオドの末に屈した。

 2年前のリオデジャネイロ五輪後、休養していた伊調は10月の全日本女子オープン選手権(静岡)で2年2カ月ぶりに実戦復帰し、優勝。今大会の出場権を得た。過去の直接対決は伊調の3戦全勝だったが、日本一決定戦で10歳下の川井梨に初黒星を喫した。

 伊調と川井梨は順当に勝ち上がれば、23日の大会最終日にも再び対戦する可能性がある。

  • 伊調馨(右)に判定勝利した川井梨紗子=22日、東京都世田谷区・駒沢体育館(撮影・納冨康)
  • 伊調馨(右)に判定勝利した川井梨紗子=22日、東京都世田谷区・駒沢体育館(撮影・納冨康)