2018.12.14 05:01

東洋大が壮行会 金色ジャージーで王座奪還へ/箱根駅伝

東洋大が壮行会 金色ジャージーで王座奪還へ/箱根駅伝

特集:
箱根駅伝
金色のジャージーで箱根駅伝総合優勝を誓う東洋大の選手たちと酒井監督(後列右) (撮影・只木信昭)

金色のジャージーで箱根駅伝総合優勝を誓う東洋大の選手たちと酒井監督(後列右) (撮影・只木信昭)【拡大】

 箱根駅伝で5年ぶりの王座奪還を狙う東洋大は13日、東京・文京区の白山キャンパスで壮行会を行った。

 目を引いたのは、お披露目された新色のジャージー。チームカラーの鉄紺ではなく金色だ。「王座奪還、金メダルを目指すということ」と酒井俊幸監督(42)。前回は往路優勝したが復路で逆転され、総合2位。直後にリベンジの思いを込めて、この色を発注した。たすきも鉄紺に金色を加えた特別仕様だ。

 今季は出雲駅伝2位、全日本大学駅伝3位。前回、3区区間賞のエース山本修二副主将(4年)は「今回はそれ以上に、1秒以上削れるように攻めの走りをしたい」。

 2月の東京マラソンで16年ぶりに日本記録(当時)を更新した設楽悠太(26)=ホンダ、今月の福岡国際マラソンで日本勢14年ぶりの優勝を果たした服部勇馬(25)=トヨタ自動車=らOBが活躍中。小笹椋主将(4年)は「『やらなきゃ』という気持ちにさせられる」と快走を誓った。 (只木信昭)

  • 東洋大・箱根駅伝エントリーメンバー