2018.12.12 23:00

長谷川、3位に食い込み笑顔「前向きになれた」/競泳

長谷川、3位に食い込み笑顔「前向きになれた」/競泳

女子200メートルバタフライの表彰式で、メダルを手に笑顔を見せる3位の長谷川涼香(右)=杭州(共同)

女子200メートルバタフライの表彰式で、メダルを手に笑顔を見せる3位の長谷川涼香(右)=杭州(共同)【拡大】

 25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権第2日は12日、中国の杭州で行われ、女子200メートルバタフライは長谷川涼香(東京ドーム)が2分4秒04で3位に入り、小林奈央(あいおいニッセイ同和損害保険)は8位だった。

 今季低調だった長谷川は3位に食い込み「前向きになれた」と晴れやかな笑顔を見せた。優勝したホッスー(ハンガリー)らには「歯が立たなかった」と差をつけられたものの、後半に順位を上げて表彰台の一角を確保した。

 10月からコーチを変更し、幼少期に指導を受けた父のもとで再び鍛えている。新たな環境で練習に励む成果を早速発揮し「冬場の追い込みも頑張ろうと思えた」と生き生きと語った。(共同)

  • 女子200メートルバタフライ決勝3位の長谷川涼香=杭州(共同)