2018.12.10 09:04

GPファイナル最下位の宮原知子は危機感…「ひたすら練習」/フィギュア

GPファイナル最下位の宮原知子は危機感…「ひたすら練習」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
宮原知子
女子で6位となり、一夜明けて記者の質問に答える宮原知子=バンクーバー(共同)

女子で6位となり、一夜明けて記者の質問に答える宮原知子=バンクーバー(共同)【拡大】

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子で日本勢として2005年の浅田真央以来となるGPデビューシーズンでの優勝を果たした16歳の紀平梨花(関大KFSC)がフリーから一夜明けた9日、バンクーバーで取材に応じ「笑顔で終われるようにという目標が達成できた」と充実感を漂わせた。

 武器のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)だけでなく、来年以降は4回転トーループを演目に組み込むための練習を本格化する意向も示し「どんどん先に行っておかないといけないと思う」と意欲的に話した。

 初出場で4位に入った坂本花織(シスメックス)は「急に点数が上がるような爆発的なものは持っていないので地道にこつこつ上げていきたい」と話し、4度目の出場で初めて最下位の6位に終わった宮原知子(関大)は「危機感は持っている。ひたすら練習するしかない」と4連覇中の全日本選手権(21日開幕、大阪)での巻き返しを誓った。(共同)

  • フィギュアGPファイナル優勝から一夜明け、メダルを手に笑顔を見せる紀平梨花=バンクーバー(共同)
  • フィギュアGPファイナル優勝から一夜明け、笑顔で記者の質問に答える紀平梨花=バンクーバー(共同)
  • フィギュアGPファイナル優勝から一夜明け、記者の質問に答える紀平梨花=バンクーバー(共同)
  • GPファイナルの優勝から一夜明けて会場で取材に応じた紀平梨花は、笑顔で金メダルを手にした=バンクーバー
  • 女子で4位となり、一夜明けて記者の質問に答える坂本花織=バンクーバー(共同)