2018.12.9 05:02(1/2ページ)

パシュートアベックV!平昌「金」トリオで女子10連勝/スピード

パシュートアベックV!平昌「金」トリオで女子10連勝/スピード

W杯で10連勝を達成!!(前から)高木菜、高木美、佐藤の日本は美しい隊列を組んだ(AP)

W杯で10連勝を達成!!(前から)高木菜、高木美、佐藤の日本は美しい隊列を組んだ(AP)【拡大】

 スピードスケート・W杯第3戦第2日(8日、ポーランド・トマショフマゾウィエツキ)女子1500メートルは2月の平昌五輪銀メダリスト、高木美帆(24)=日体大助手=が1分57秒32で制した。今季個人種目初優勝。男子1500メートルは一戸誠太郎(22)=ANA=が1分47秒38で2位に入り、個人種目で初めて表彰台に上がった。第1日の女子団体追い抜きで、日本(高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃)が3分2秒49で優勝し、W杯で10連勝。男子団体追い抜きも、日本(土屋良輔、一戸誠太郎、ウイリアムソン師円)が3分47秒50で制し、2季ぶり2度目の優勝を果たした。

 タイムが出にくいリンクも問題にしなかった。女子団体追い抜きで平昌五輪金メダルの日本は、W杯での連勝を2桁の大台に乗せた。

【続きを読む】

  • 女子団体追い抜きで優勝した日本の(前から)佐藤、高木菜、高木美=トマショフマゾウィエツキ(ゲッティ)