2018.12.9 07:57

「16歳の紀平が信じられないデビュー」五輪チャンネルが快挙伝える/フィギュア

「16歳の紀平が信じられないデビュー」五輪チャンネルが快挙伝える/フィギュア

特集:
紀平梨花
LOVEフィギュアスケート
GPデビューシーズンでのファイナル制覇を果たした紀平梨花(AP)

GPデビューシーズンでのファイナル制覇を果たした紀平梨花(AP)【拡大】

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル最終日(8日、バンクーバー)女子フリーで、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は合計点で、日本勢としては2005年の浅田真央以来となるGPデビューシーズンでのファイナル制覇を成し遂げた。アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=は226・53点で2位、エリザベータ・トゥクタミシェワ(21)=ロシア=は215・32点で3位、坂本花織(18)=シスメックス=は211・68点で4位、ソフィア・サモドゥロワ(16)=ロシア=は204・33点で5位、宮原知子(20)=関大=は201・31点で6位だった。 

 国際オリンピック委員会(IOC)の専門テレビ「五輪チャンネル」公式ツイッターは、「16歳の紀平がフリーで150・61点をマークして五輪金メダルのザギトワを破り、シニアで信じられないデビューを続けている」と快挙を伝えた。

  • GPデビューシーズンでのファイナル制覇を果たした紀平梨花(AP)
  • 女子で優勝した紀平梨花のフリー=バンクーバー(共同)
  • 女子フリーでトリプルアクセルを跳ぶ紀平梨花=バンクーバー(共同)
  • 女子で優勝した紀平梨花のフリー=バンクーバー(共同)
  • 女子フリーの演技を終え、歓声に応える紀平梨花=バンクーバー(共同)
  • 女子フリーの演技を終え、笑顔を見せる紀平梨花=バンクーバー(共同)
  • 女子で優勝した紀平梨花のフリー=バンクーバー(共同)
  • 女子フリーの演技を終え、笑顔の紀平梨花=バンクーバー(共同)
  • 初優勝を決め、浜田コーチ(右)と抱き合って喜ぶ紀平梨花=バンクーバー(共同)