2018.12.9 05:04(1/2ページ)

シルバーコレクターまたも…宇野、主要国際大会6連続2位/フィギュア

シルバーコレクターまたも…宇野、主要国際大会6連続2位/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
宇野昌磨
宇野はジャンプが乱れて、銀メダルに終わった。羽生が不在の大会で優勝を逃した(共同)

宇野はジャンプが乱れて、銀メダルに終わった。羽生が不在の大会で優勝を逃した(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・GPファイナル第2日(7日=日本時間8日、バンクーバー)男子ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=はフリーも183・43点で2位となり、合計275・10点で2季連続、主要国際大会では6連続の2位だった。ネーサン・チェン(19)=米国=が2連覇を飾った。女子SPで首位発進した16歳の紀平(きひら)梨花(関大KFSC)は、8日(同9日)のフリーに向けた公式練習でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を10本中9本決めた。

 試合に行きたくないと思い悩んだほどの不調から抜け出し、4分を演じ抜いた。それでも優勝には一歩届かない。スコアがアナウンスされる前に、宇野は結果を悟っていた。

 「どれくらいの点数が出て何位なのかも自覚していた。自分にあきれたところもあります」

【続きを読む】

  • 優勝したチェン(右)と一緒に表彰台に上がった宇野。表情はさえなかった(共同)
  • 表彰式を終え、ポーズをとる(左から)2位の宇野昌磨、1位のネーサン・チェン、3位の車俊煥=バンクーバー(共同)
  • 男子フリーの演技を終え、キスアンドクライで手を振る宇野昌磨(左)=バンクーバー(共同)
  • 男子で2位となり、メダルを手にポーズをとる宇野昌磨=バンクーバー(共同)
  • 男子フリーで演技する宇野昌磨=バンクーバー(共同)
  • 演技後の会見で笑顔を見せた宇野(左)とネーサン・チェン
  • 公式練習で調整する宇野昌磨=バンクーバー(共同)
  • 男子成績
  • 宇野昌磨・フリー得点詳細
  • 宇野昌磨・主要世界大会で銀メダル
  • GPファイナル・最近10年の男子優勝者