2018.12.8 20:03

京都男子、連覇途切れる エース荒賀が欠場、大黒柱不在で経験不足露呈/空手

京都男子、連覇途切れる エース荒賀が欠場、大黒柱不在で経験不足露呈/空手

 2020年東京五輪で初めて行われる空手の全日本選手権第1日は8日、東京武道館で都道府県別で争う団体組手が行われ、男子は神奈川が決勝で千葉に3-0で快勝して初優勝した。

 男子の京都は3回戦で三重に屈して連覇が10で止まった。2-2で大将戦にもつれたが、高屋(仏教大)が黒星。高屋は「絶対に勝たないといけないプレッシャーが大きかった」とうなだれた。

 日本代表でもあるエース荒賀(荒賀道場)が欠場し、若いメンバーで臨んだ。「心細かった。緊張した」と高屋。終盤に一度はリードを奪ったが守り切れず、大黒柱不在で経験不足が露呈した。