2018.12.8 20:01

神奈川、悲願のV 中堅の吉岡、興奮冷めず「うれしかった。それだけ」/空手

神奈川、悲願のV 中堅の吉岡、興奮冷めず「うれしかった。それだけ」/空手

男子団体組手で優勝し、ポーズをとる吉岡(左から2人目)ら神奈川の選手=東京武道館

男子団体組手で優勝し、ポーズをとる吉岡(左から2人目)ら神奈川の選手=東京武道館【拡大】

 2020年東京五輪で初めて行われる空手の全日本選手権第1日は8日、東京武道館で都道府県別で争う団体組手が行われ、男子は神奈川が決勝で千葉に3-0で快勝して初優勝した。

 3年前は2位、一昨年と昨年は3位と、あと一歩で頂点に届かなかった神奈川が悲願を成就させた。決勝では先鋒から3連勝。優勝が決まると、選手は抱き合って喜んだ。中堅を務めた吉岡(法政大)は「うれしかった。それだけ」と興奮冷めやらぬ様子だった。

 全員が大学生という若いメンバー。昨年まで10連覇した京都のように、しばらく覇権が続くかもしれない。吉岡は「来年も勝って、2連覇したい」と力強く宣言した。

  • 男子団体組手決勝で千葉・宮崎(左)を攻める神奈川・吉岡=東京武道館