2018.12.8 20:02

畠田瞳、2種目で表彰台 全日本団体で精彩欠くも「元に戻ってきた」/体操

畠田瞳、2種目で表彰台 全日本団体で精彩欠くも「元に戻ってきた」/体操

段違い平行棒で2位の畠田瞳=豊田市総合体育館

段違い平行棒で2位の畠田瞳=豊田市総合体育館【拡大】

 種目別で争う体操の豊田国際競技会第1日は8日、愛知県の豊田市総合体育館で行われ、女子は段違い平行棒で畠田瞳(セントラル目黒)が13・933点の2位となり、跳馬では3位だった。

 女子は畠田瞳が2種目で表彰台に立った。初出場した世界選手権の後は気持ちがなかなか上がらなかったそうだが「ここできちんと演技できないと来年の印象にも関わる。このままじゃ来年の代表に入れない」と切り替えた。

 11月の全日本団体選手権は精彩を欠いたが、この日は得意の段違い平行棒で持ち味のダイナミックな演技を披露。「自分らしい演技ができて元に戻ってきた」と笑顔を見せた。

  • 段違い平行棒で4位の梶田凪=豊田市総合体育館