2018.12.8 12:02

島田が3位 4回転トーループ成功も自己ベスト届かず「悔しい」/フィギュア

島田が3位 4回転トーループ成功も自己ベスト届かず「悔しい」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
ジュニアGPファイナルで3位になり、メダルを手にする島田高志郎=バンクーバー(共同)

ジュニアGPファイナルで3位になり、メダルを手にする島田高志郎=バンクーバー(共同)【拡大】

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)ファイナル第2日は7日、バンクーバーで行われ、男子ショートプログラム(SP)4位の島田高志郎(木下グループ)がフリー4位の140・41点をマークし、合計214・38点で3位に入った。

 初出場だった17歳の島田は冒頭で4回転トーループを成功させた。SP2位のステファン・ゴゴレフ(カナダ)がフリー1位で逆転し、合計233・58点で初出場優勝。米国代表の樋渡知樹は190・80点で6位だった。(共同)

島田高志郎の話「ショート(プログラム)に比べたら緊張を感じていたが、その中で何とか自分の演技としてまとめることができた。一つの目標にしていた(フリーの)140点台はクリアできたが自己ベストに届かず、150点を目指していたので悔しい」

樋渡知樹の話「SPよりも練習でやってきたことが出せたが、悔いはある。4回転ジャンプだけでなく表現面も見直して、新しいことに挑戦していきたい」

  • ジュニアGPファイナルの男子フリーで演技する島田高志郎=バンクーバー(共同)