2018.12.7 05:03(1/2ページ)

ひとつ屋根の下謹慎…暴行した貴ノ岩、暴行された付け人と同居

ひとつ屋根の下謹慎…暴行した貴ノ岩、暴行された付け人と同居

千賀ノ浦親方の運転する車に乗り午後5時半に、部屋に姿を現した貴ノ岩。無言で玄関から入った(撮影・斎藤浩一)

千賀ノ浦親方の運転する車に乗り午後5時半に、部屋に姿を現した貴ノ岩。無言で玄関から入った(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 日本相撲協会は6日、東前頭6枚目の貴ノ岩(28)に暴行を受けた千賀ノ浦部屋の弟弟子で付け人の三段目貴大将(23)から事情を聴取した。協会の危機管理委員会・高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)らが聴き、貴大将は事実関係の食い違いはないとした。一方、東京・台東区の千賀ノ浦部屋での「謹慎」を言い渡された貴ノ岩はこの日、自宅から部屋へ移り、被害者と加害者が一つ屋根の下で生活することになった。

 師匠の運転する乗用車の後部座席に座った貴ノ岩は、車が千賀ノ浦部屋の玄関横につけられると無言で中へと入った。付け人への暴行が発覚してから一夜明け。千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が顔を曇らせた。

 「(協会から)厳しく監督するようにと言われた。(貴ノ岩は)後悔していますと。何でこんなことになったのかなど、いろいろ話し合う」

 暫定措置として冬巡業休場と部屋での謹慎となった貴ノ岩は、自宅から千賀ノ浦部屋へ移った。個室に入って外出も制限される。千賀ノ浦親方によれば、貴ノ岩と貴大将が同じ屋根の下にいることを考慮。貴大将の携帯電話を預かり、兄弟子との連絡手段を断った。

【続きを読む】

  • 貴ノ岩と暴行を受けた付け人は、千賀ノ浦部屋で生活を共にすることになった
  • 日本相撲協会の事情聴取を終え、両国国技館を出る貴ノ岩関の付け人=6日午後、東京都墨田区
  • 聴取が終わり、帰路につく貴大将=6日、両国国技館
  • 弟子の聴取が終わり、帰路につく千賀ノ浦親方=6日、両国国技館
  • 険しい表情で部屋に戻った千賀ノ浦親方=台東区(撮影・斎藤浩一)
  • 部屋の前で取材に応じる千賀ノ浦親方=東京都台東区
  • 貴ノ岩・暴行からの経過