2018.12.7 19:54

坂本、堂々の演技光り4位「フリーにつながる」/フィギュア

坂本、堂々の演技光り4位「フリーにつながる」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
坂本花織
公式練習で調整する坂本花織=バンクーバー(共同)

公式練習で調整する坂本花織=バンクーバー(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル第1日(6日、バンクーバー)女子ショートプログラム(SP)で、坂本花織(18)=シスメックス=は70・23点で4位だった。

 初出場の坂本は三つのジャンプを雄大に決め、堂々とした演技が光った。3位のトゥクタミシェワ(ロシア)と0・42点差の4位となり「結構緊張したけど、フリーにつなげられる点数だった」とうなずいた。

 自己評価は「90点」としながらもステップと一つのスピンでレベルを取りこぼし「スピンもジャンプ並みに点数がある。ちゃんとやれば点数も伸びる」と反省を忘れない。8日のフリーでは「しっかりと集中を切らさずにベストな状態にして、ノーミスできるようにしたい」と表彰台を見据えた。(共同)

  • 公式練習で調整する坂本花織=バンクーバー(共同)
  • 公式練習で調整する坂本花織=バンクーバー(共同)
  • 女子SPで4位だった坂本花織=バンクーバー(共同)
  • 女子フリーの滑走順抽選に参加した(左から)坂本花織、紀平梨花、宮原知子=バンクーバー(共同)