2018.12.7 15:52

紀平は「10代のセンセーション」IOC専門テレビも驚き/フィギュア

紀平は「10代のセンセーション」IOC専門テレビも驚き/フィギュア

特集:
紀平梨花
LOVEフィギュアスケート
女子SPで演技する紀平梨花=バンクーバー(AP)

女子SPで演技する紀平梨花=バンクーバー(AP)【拡大】

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル第1日(6日、バンクーバー)女子ショートプログラム(SP)で、デビューシーズンのGPシリーズで2連勝した紀平梨花(16)=関大KFSC=が、ルール改正後の世界最高得点となる82・51点をマークして首位に立った。平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が77・93点で2位、元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(21)=ロシア=が70・65点で3位、坂本花織(18)=シスメックス=が70・23点で4位、ソフィア・サモドゥロワ(16)=ロシア=が68・24点で5位、宮原知子(20)=関大=が67・52点で6位だった。

 国際オリンピック委員会(IOC)の専門テレビ「五輪チャンネル」公式ツイッターは、「10代のセンセーション、紀平がトリプルアクセルを決め、82・51点の世界最高得点を記録し、女子SPで首位に立った」と驚きをもって伝えた。