2018.12.7 10:24

樋渡、冒頭失敗で6位発進「全然駄目」/フィギュア

樋渡、冒頭失敗で6位発進「全然駄目」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
ジュニアGPファイナルの男子SPで演技する米国の樋渡知樹=バンクーバー(共同)

ジュニアGPファイナルの男子SPで演技する米国の樋渡知樹=バンクーバー(共同)【拡大】

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナル第1日は6日、バンクーバーで行われ、男子ショートプログラム(SP)で米国代表の樋渡知樹は62・48点で6位。

 ジュニア男子で18歳の樋渡は冒頭に挑んだトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が決まらずに6位発進。2016年世界ジュニア選手権3位の実力者は「全然駄目。練習通りにできなかった」とうなだれた。

 生まれも育ちも米国だが、日本人の「おとんとおかん」に習った関西弁を流ちょうに話す。フリーは4回転トーループに挑戦する予定で「日本の方にも応援してもらえるような演技をしたい」と決意を口にした。(共同)

  • ジュニアGPファイナルの男子SPで演技する米国の樋渡知樹=バンクーバー(共同)
  • ジュニアGPファイナルの男子SPで演技する米国の樋渡知樹=バンクーバー(共同)