2018.12.7 05:02

宇野、打倒チェンへ4回転-3回転トーループ決める/フィギュア

宇野、打倒チェンへ4回転-3回転トーループ決める/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
宇野昌磨
宇野(左)とチェンが公式練習を行った。頂上決戦がいよいよ始まる (共同)

宇野(左)とチェンが公式練習を行った。頂上決戦がいよいよ始まる (共同)【拡大】

 【バンクーバー(カナダ)5日(日本時間6日)=鈴木智紘】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(同7日)、当地で開幕する。この日は会場で公式練習が行われ、初優勝が懸かる男子の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が参加。課題とするトーループの連続技を克服し、大会連覇を狙うネーサン・チェン(19)=米国=との一騎打ちを制す。過去4度優勝の羽生結弦(24)=ANA=は右足首故障で欠場。

 金か銀か。難敵のチェンとの一騎打ちで、宇野のメダルの色が決まる。バンクーバーから世界に見せるのは一皮むけた姿だ。

 「自分の実力の最大を発揮したい」

 SP、フリーともに組み込む予定の4回転-3回転の連続トーループがライバル撃破の鍵を握る。体が鋭く動くがゆえに力をセーブできず、1本目で回転し過ぎる悪癖は昨季から課題とする。

 演技構成を変える計画もありながら、樋口美穂子コーチ(49)に直訴して得点源の連続技を貫く。単発での成功体験が課題克服のイメージを膨らませる。

 「コンビネーションで考えたときに回りすぎてしまうので、単発の意気込みで跳ぶ」。SPの曲をかけたこの日の演技では、4回転トーループで転倒。樋口コーチが撮影した映像をすかさず見て修正に努めた。

 昨年大会はわずか0・50点差でチェンの優勝を許し、3月の世界選手権でも王座を譲った。「もうそろそろ完璧な演技をしてみたい」。たまりにたまった鬱憤を直接対決で晴らす。

  • 調整する宇野昌磨=バンクーバー(共同)
  • 公式練習で調整する宇野昌磨=バンクーバー(共同)
  • 公式練習で調整する宇野昌磨=バンクーバー(共同)
  • 公式練習で調整する宇野昌磨=バンクーバー(共同)
  • 男子SP・滑走順
  • フィギュアスケート・GPファイナル日程&放送予定