2018.12.6 20:46

ビジネスの専門家公募 スキー連盟、産業拡大へ

ビジネスの専門家公募 スキー連盟、産業拡大へ

 全日本スキー連盟は6日、転職サイト運営のビズリーチを通じ、スキー産業拡大に向けた方針を立案する「戦略プロデューサー」の公募を開始した。期限は来年1月2日。ビジネスの専門家を広く募るため副業、兼業限定とし、書類選考と2月までに終える2度の面接を経て2人の採用を決める。

 勤務地は東京で、月4日程度の勤務を想定し、日当は2万円。会員数の拡大など収益構造改革を進める全日本スキー連盟の皆川賢太郎常務理事は東京都内で行われた説明会に参加した約70人を前に「日本の(スキー)リゾート復活へ、一緒に取り組んでもらえる方を募集したい」と語った。

 日本フェンシング協会もビズリーチを介して副業、兼業限定で外部人材を公募した。