2018.12.6 05:02(1/2ページ)

国公立大学院生ボクサー・坂本真宏、初の世界挑戦!「殴り倒す」/BOX

国公立大学院生ボクサー・坂本真宏、初の世界挑戦!「殴り倒す」/BOX

大学院生にして世界戦に挑む坂本。王者ムザラネの写真を手に意欲を燃やした (撮影・臼杵孝志)

大学院生にして世界戦に挑む坂本。王者ムザラネの写真を手に意欲を燃やした (撮影・臼杵孝志)【拡大】

 プロボクシングのIBF世界フライ級15位で、大阪市立大大学院生の坂本真宏(27)=六島=が、今年大みそかにマカオで同級王者のモルティ・ムザラネ(36)=南アフリカ=に挑戦することが5日、発表された。国公立大出身者では初となる世界王座挑戦。工学研究科で機械物理系を専攻している異色の理系ボクサーが、夢の実現を目指す。

 現役大学院生ボクサーの世界初挑戦が決まった。在籍する大阪市大で会見を開いた坂本は詰め襟の学生服に学帽、牛乳瓶の底のようなレンズの黒縁めがねで登場。大学院生“らしい”扮装(ふんそう)で報道陣を笑わせた。だが、心の中は熱かった。

 「一人だったらやめていたかもしれない。応援してくださるみんなの思いを力に変えて、チャンピオンを殴り倒したい」

 大阪・泉北高から2010年に大阪市大に進学。ボクシングは大学から始めた。プロになったのも、大学院試験に一度失敗したことがきっかけ。将来のロボット開発を目標に機械物理系を学びながら、昨年12月にはWBOアジアパシフィック王座を獲得し、世界に挑戦するときがきた。

 しかも井岡一翔(29)が日本選手初の世界4階級制覇を狙う、同じ大みそかのマカオのリング。「すごくうれしい。でも、お金のことを考えたら怖さが出てきた」。世界戦の興行には莫大(ばくだい)なお金が動く。しかも海外とあって、有力スポンサーがいないボクサーの“収入源”となるチケット収入も多くは見込めない。一時は断念しかけた。

【続きを読む】

  • 大阪市大の荒川学長(右)も全面支援の構えだ
  • 世界戦初挑戦を発表しポーズをとる大阪市立大大学院生でIBFフライ級の坂本真宏選手(左)。右は荒川哲男学長=5日午後、大阪市
  • 世界戦初挑戦を発表し対戦相手の写真を手にポーズをとる、大阪市立大大学院生でIBFフライ級の坂本真宏選手=5日午後、大阪市
  • プロボクシング・トリプル世界戦