2018.12.5 18:03

33戦無敗の神童、那須川天心が「主役をとられた」と悔しがった人物とは/BOX

33戦無敗の神童、那須川天心が「主役をとられた」と悔しがった人物とは/BOX

那須川天心

那須川天心【拡大】

 キックボクシング33戦無敗の“神童”那須川天心(20)=TARGET=が4日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。「主役をとられた」と悔しい思いをした人物を明かした。

 那須川はチャンピオンになった際の祝勝会のエピソードを披露。「余興でモノマネ芸人の方を呼んでもらっていたんですが、最後に母親が出てきて、松田聖子さんの衣装で大熱唱したんです」と話した。

 「大トリで出てきて。普通はステージでやるのに、みんなのところに握手しながら回っていて…」と母親のパフォーマンスを説明。会場にはオジサン世代が多く、那須川の母親は大喝采を浴びたという。

 那須川は「母親が『私のショーだったわ』みたいな感じで。自分が主役だったのに主役をとられた」と悔しがった。